ニュース&トピックス

【気象予報士を目指す方へ。事前に学習しておくと楽な数学の知識】

てんコロ.の気象予報士講座は、「文系の人でも安心して受講できる

しかし

文系の人が、文系の頭のまま合格できるわけではない。
特に初めて勉強する人は、数学の基本的計算(方程式や分数の計算)や地理が苦手な方が多い。

そこで

中学・高校の教科書で勉強しておくとよい。

具体的にどのような内容を学習しておけば、すんなりと気象予報士の勉強に入れるか、以下でご紹介していきます。

その1 「三角比」

事前学習1

『三角比』→直角三角形の2辺の比。

sin(サイン) cos(コサイン) tan(タンジェント)

  • まずは三角比のの意味から復習してから、
    三角比の公式(上画像赤枠)を覚えるのがおすすめ。
  • 方程式や指数はよく使うので、ドリルなど実際の簡単な計算問題を解いて演習しておくとよい。

その2 「単位の記号と意味」

事前学習2(1)

 

初めに一気に全部覚える必要はないが、前もってどんなようなものか知っておくだけでも違う。
ポイントは、単位記号だけではなく意味ごと覚える。

  • 温度(T) 単位:K
    絶対温度K(ケルビン)→摂氏0℃=約273K
  • 密度(ρ) 単位:kgm – 3
    1㎥あたりの質量
  • 質量(m) 単位:kg
    本来の量。「重さ」は質量に重力加速度がかかったもの。
  • 加速度(g) 単位:ms – 2
    1秒ごとに、どれぐらい速度(m・s – 1)が増していくのか
    重力加速度は、地球が引っ張る加速度(g=9.8 ms – 2)

 

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:yasu.tanaka