ニュース&トピックス

【読むeラーニング】第2章 大気の熱力学1 〜その14〜「静力学平衡」

気象予報士講座~第2章 大気の熱力学1「静力学平衡」より

気象予報士講座~第2章 大気の熱力学1「静力学平衡」より

(その13の続き)

これはせいりきがくへいこう(静力学平衡)というふうに読みます。全然耳慣れない、聞いたことがないとは思いますけれども、ここからお天気の勉強をするのにずっと付いて回ります。基本中の基本になってきますのでぜひ何度も勉強して覚えておいてください。

大気の鉛直方向の気圧とか密度とかの話を今までしてきましたけれども、実際はこんなふうになっています。地球の周りに大気がありますけれども、この大気が地球の引力でぎゅうぎゅうと地表面に引きつけられているんですね。となると地表面付近が一番ぎゅうぎゅうに圧縮されていて密度が大きいのです。つまり下層ほど気圧が大きくて密度も大きいというのが地球の大気の鉛直方向の構造になっているんですね。実は高度とともにどんどん気圧とか密度が変わっていくこの変化がどういうふうに変わっていくかというのがある計算式によって定量的に導くことができます。

その考え方を静力学平衡と言います静力学平衡とは何かと言うと、大規模な大気の運動を考える場合に鉛直方向の運動は近似的には釣り合っていると考えるというのが静力学平衡です。「ん?」という感じかもしれませんね。鉛直方向の運動とは何かってよく分からないと思うんですが、これに対しての言葉が水平方向の運動です。水平方向の運動とは風です。風って普段生活していても普通に感じられますよね。風速2mとか3mなんて言葉を聞いたことがあると思います。台風なんかが来たらもっと強い風が吹きますけれども、普段からそれを感じることができますよね。だけれども、それに対して鉛直方向の風ってそんなに感じたことなくないですか?

(その15へ続きます)

講座サンプル


てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座

気象予報士講師としても、気象庁や大手企業での予測業務でも活躍中の気象予報士、佐々木恭子先生による合格対策講座です。

国家資格の気象予報士試験は合格率5%という難関の資格です。一方気象予報はとっても身近な存在であり、誰もが気象に興味があれば学んでも楽しい分野です。

キバンインターナショナルのクロマキーシステムを駆使した映像は、気象画像を多く使用する当講座にはベストマッチです。佐々木先生の講義も個性あふれていて楽しい講座です。 講座は分かりやすくするため、なるだけ専門用語を使っていません。

普通のテキストでは図解されていないようなところにもふんだんに図解を盛り込んでいます。

「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:kobayashis