ニュース&トピックス

渦度の特徴【気象予報士の用語チェック】

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

本日の気象予報士の用語チェックは第7章大気力学2から「渦度の特徴」です。確認してみてください。

*渦度の特徴
渦度は、水平収束や発散がない限りは保存されて移動します。それを利用した天気図が、 500hPa天気図での渦度の追跡です。

対流圏の中層である500hPa付近は、水平収束や発散がほとんどなく、渦度がほぼ保存されて動きます。
これは500hPaの予想天気図です。詳しくはのちの講座で勉強しますが、ここではこの+とか-で表される数字に着目してください
ここで、表される +が正渦度で、-が負渦度です。
簡単に言うと、正渦度の極値が温帯低気圧などの擾乱に対応する渦なので、これを追跡することにより、
この後の低気圧の動向を把握することが できます。

講座サンプル


てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座

気象予報士講師としても、気象庁や大手企業での予測業務でも活躍中の気象予報士、佐々木恭子先生による合格対策講座です。

国家資格の気象予報士試験は合格率5%という難関の資格です。一方気象予報はとっても身近な存在であり、誰もが気象に興味があれば学んでも楽しい分野です。

キバンインターナショナルのクロマキーシステムを駆使した映像は、気象画像を多く使用する当講座にはベストマッチです。佐々木先生の講義も個性あふれていて楽しい講座です。 講座は分かりやすくするため、なるだけ専門用語を使っていません。

普通のテキストでは図解されていないようなところにもふんだんに図解を盛り込んでいます。

「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia