ニュース&トピックス

海陸風・陸風【気象予報士試験用語チェック】

気象予報士講座はこちら。

気象予報士講座はこちら。

本日の用語チェックは、気象予報士講座第10章中小規模の大気の運動2 局地風から海陸風・陸風です。

「局地風」

具体的には、水平スケール100km程度の風系で、
熱的原因や力学的原因で発生する風
を局地風と言います。

「海陸風」

日中、太陽放射によって暖められた地表面は、陸地の方が海面よりも高温となるため、陸地は海上よりも気圧が低くなります。
そして海面の気圧が相対的に高くなり、海風が吹くようになります
。日の出から3~4時間後には吹き始めて、日没まで吹きます。

海風は、海岸線から20~50kmも侵入してきます。
海風の上空には反流が流れていて、これで海風循環が成立しています。循環の高さは1000m程度、最大風速は5~6m/sぐら
い、最大風速は高度200~300m付近にあります。

「陸風」

一方、陸風は日没後1~2時間後に吹き始めます
海風と比べると規模も小さく、風速も小さいのが特徴です。従って、循環の高さは400mぐらい、最大風速も海風より弱く
2~3m/s程度で、50~100mあたりで最大風速です。
また、海風の先端部分はときに、内陸の空気との間に海風前線という局地的な前線を形成します。
特に、露点温度と風が不連続になっていて対流雲を発生させることがあります。

いかがでしたでしょうか。
eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」は、
・天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
・先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
まず、ご登録していただき、無料講座をご覧ください。

講座サンプル


てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座

気象予報士講師としても、気象庁や大手企業での予測業務でも活躍中の気象予報士、佐々木恭子先生による合格対策講座です。

国家資格の気象予報士試験は合格率5%という難関の資格です。一方気象予報はとっても身近な存在であり、誰もが気象に興味があれば学んでも楽しい分野です。

キバンインターナショナルのクロマキーシステムを駆使した映像は、気象画像を多く使用する当講座にはベストマッチです。佐々木先生の講義も個性あふれていて楽しい講座です。 講座は分かりやすくするため、なるだけ専門用語を使っていません。

普通のテキストでは図解されていないようなところにもふんだんに図解を盛り込んでいます。

「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia