ニュース&トピックス

第47回気象予報士試験合格体験談 Nさんの場合

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

本日は第47回気象予報士試験合格体験です。

<動機>
・一般事務の仕事をしていたが、やりたいことをしたいな~と思って。
・空を見るのが好き。→気象がやりたいことだ。

<合格までの道のり>
2年半勉強 6回目で合格

<苦手>
専門分野
 覚えることが多いので。

<学習時間>
1日 1時間半ぐらい
最初の1年目は3時間ぐらい
土日にガッツリ

<オススメ教材、方法>
・気象予報士かんたん合格テキスト 〈学科専門知識編〉 (らくらく突破) 気象予報士試験受験支援会 (著)
・紙に書く、話しながら書く
・部屋の壁に貼る。それを口に出しながら読む。
・声出して勉強。覚えるために書く。(メモ程度に)

持ち歩くことのできる小さいノート(バックに必ず入れていた。)
 確認したり、わからないことを書いておいて後で調べて書く。

・最初はノートにきれいに書いていたが、きれいに書くことに集中し、進まないし、続かなかった。
ので、バラ紙にバーと書いて、ホチキスで止めていた。
・実技はとにかく過去問を解く。
最初は、時間を気にせず、3,4時間かけて解きました。
再度解くときに、時間を測っていました。でも最初は、90分ぐらいかかる。
問題の全体の流れを理解して解くと時間内に収まりだした。
問われていることが何か分かってきたこと、そして独特な答え方を覚えたことで時間内に解けるようになった。
・日々天気図は、わからなくても見るようにしていました。
・難しく思えた項目も、、先の勉強(天気図)を見て頑張れた。

<合格後の活動>
・お天気の本をよく読むようになった。→試験勉強中はなるべく避けてきた
(気象庁の本屋に行って購入してきた。)
・仕事のための勉強を始めたい。
・どんな仕事があるか調べているところ。
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴
動画の全容はこちらから。
パート1 https://youtu.be/h8h3N-dtLN0k
パート2 https://youtu.be/-hdT55wom4o
佐々木恭子先生によるラジオっぽいTV!は毎日更新されていて、勉強の励みになります。

講座サンプル


てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座

気象予報士講師としても、気象庁や大手企業での予測業務でも活躍中の気象予報士、佐々木恭子先生による合格対策講座です。

国家資格の気象予報士試験は合格率5%という難関の資格です。一方気象予報はとっても身近な存在であり、誰もが気象に興味があれば学んでも楽しい分野です。

キバンインターナショナルのクロマキーシステムを駆使した映像は、気象画像を多く使用する当講座にはベストマッチです。佐々木先生の講義も個性あふれていて楽しい講座です。 講座は分かりやすくするため、なるだけ専門用語を使っていません。

普通のテキストでは図解されていないようなところにもふんだんに図解を盛り込んでいます。

「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia