ニュース&トピックス

数値予報はホントにすっごい!

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

佐々木先生が、数値予報に関するシンポジウム「数値予報~日々の生活に密着したソフトインフラ~」に行った際のことを記事にしています。
本日は、少しその記事を紹介させていただきます。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

和歌山県では過去の教訓を生かし<予測ベースで避難勧告や避難指示を出す>ようになっているそうです.避難指示は気象に特に詳しくなくても市町村長さんが出さなければなりません.そんな中で,「カラ振りを恐れず」,「夜間に危険な状況になりそうなら明るいうちに」,「実際に起こっていることに目を向け」て,ためらわずに避難指示を出す!なんていうのは相当な勇気が要りますよね.しかし,それを実現するために,気象台や民会気象会社の協力のもと数値予報を活かしているそうです.つまり,「避難指示を出す」という大変な決断を,数値予報がはじきだした数字を根拠として,思い切って出すということです.これは,素晴らしいなーと思いました.

「タイムライン防災」という話がありました。。例えば台風が来る7日前,6日前,5日前…といった具合に,気象情報に沿って順を追って備えて行くってことですよね.~省略~
タイムライン防災なんて,キャッチ―だし,より具体的な行動指針が示せるから,スゴイいい防災ですよね.こういうことは,多くの人に短時間で届けたいものです.となると,どうしたって「テレビの天気予報」が一番です.では,テレビの天気予報でタイムライン防災ができるような情報になってますか?全然なっていないわけではないけど,少なくとも数値予報は最大限に生かされていないと思います.それとも,テレビの天気予報がやることではない?

防災という観点からは、数値予報の精度が向上するだけでは、、あまり変わらないのではないか。今の数値予報をフル活用する方法も同時に考えなきゃならないのでは?
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

この記事はこちらからご覧いただけます。

http://www.ten-corocoro.com/2017/01/28

講座サンプル


てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座

気象予報士講師としても、気象庁や大手企業での予測業務でも活躍中の気象予報士、佐々木恭子先生による合格対策講座です。

国家資格の気象予報士試験は合格率5%という難関の資格です。一方気象予報はとっても身近な存在であり、誰もが気象に興味があれば学んでも楽しい分野です。

キバンインターナショナルのクロマキーシステムを駆使した映像は、気象画像を多く使用する当講座にはベストマッチです。佐々木先生の講義も個性あふれていて楽しい講座です。 講座は分かりやすくするため、なるだけ専門用語を使っていません。

普通のテキストでは図解されていないようなところにもふんだんに図解を盛り込んでいます。

「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia