ニュース&トピックス

気象予報士資格の活かし方~プロに学ぶ

気象予報士を取得した後、どのように活かすか考えていますか?
小さい頃よりずっと興味を持ち続け、気象の仕事に就きたいと希望する人、気象災害の被害を見て、何か自分にできないかと考えた人、気象の知識を持つことで仕事の幅を広げたい人など、資格を取る理由は様々かと思います。
今回は、ラジオっぽいTV!より、気象に関連する研究をしている3名の先生をご紹介します。色々な道がありますね。

気象予報士資格の活かし方~プロに学ぶ

【筆保弘徳先生 横浜国立大学 台風研究者】

地学の先生を増やしたい、地学の教材を増やしたい、百葉箱復活プロジェクト、台風のハザードマップ作製など、これからやりたいことについてお話しされています。今の小学校には百葉箱がないんですね。

※てんコロ.のごいすぅTV!1140(筆保先生のこれからやりたいこと!)
http://bit.ly/2uMOErA

※てんコロ.のごいすぅTV!1132(ザ・台風!誕生の謎に迫る.横浜国大・筆保先生のお話1)
http://bit.ly/2wl7bun

【茂木耕作研究員 独立行政法人海洋研究開発機構】

モテサク先生と呼ばれています。研究や科学、気象のハードルを下げて皆さんに情報を発信しています。ワクワクする研究ほど、成果も上がるそうです。

※モテサク先生とサイエンスパフェ 梅雨前線の研究をしてみよう
http://bit.ly/2i9Kfca

※黄海高気圧について勉強してみよう!モテサクさんに聞いてみたぞ
http://bit.ly/2wff85e

【荒木健太郎氏 気象庁気象研究所 研究官】

雲粒王子・アラケンの愛称で呼ばれています。ラジオっぽいTV!ではおなじみです。
最近では、本を精力的に出版されていて話題になっていますね。

※雹の仕組み(雲の中では何が起こっているのか)
http://bit.ly/2wf9Ne1

※豪雨再考 荒木健太郎
http://bit.ly/2vNkcKR

※弊社でも講座を持っています。興味のある方はこちら。
「雲の中では何が起こっているのか」
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/860/381/

いかがでしたでしょうか。三人の先生方それぞれ、気象について楽しそうにお話ししているのがとても印象的です。
自分の未来を想像して、モチベーションアップですね。

講座サンプル


てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座

気象予報士講師としても、気象庁や大手企業での予測業務でも活躍中の気象予報士、佐々木恭子先生による合格対策講座です。

国家資格の気象予報士試験は合格率5%という難関の資格です。一方気象予報はとっても身近な存在であり、誰もが気象に興味があれば学んでも楽しい分野です。

キバンインターナショナルのクロマキーシステムを駆使した映像は、気象画像を多く使用する当講座にはベストマッチです。佐々木先生の講義も個性あふれていて楽しい講座です。 講座は分かりやすくするため、なるだけ専門用語を使っていません。

普通のテキストでは図解されていないようなところにもふんだんに図解を盛り込んでいます。

「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia