ニュース&トピックス

【理解度チェック】11章中層大気より成層圏の突然昇温について

気象予報士講座はこちらから。

気象予報士講座はこちらから。

本日は気象予報士講座11章中層大気より成層圏の突然昇温についての理解度チェックです。確認してみてください。

「問題」
成層圏の突然昇温について述べた次の文章の空欄(a)~(d)に入れる語句の組み合わせとして正しいものを、1~5の中から一つ選べ。

真冬の極夜域では冷たい空気が存在し、成層圏には(a)バランスした極夜域が形成されている。
(b)の(c)が増大し成層圏に伝播することがある。
その影響により、冬から春先にかけて極夜渦が崩壊して、極域に(d)が生じ断熱昇温が起きることがある。
これを成層圏の突然昇温という。特に、北半球では極成層圏温度が数日で数十℃も上昇する場合がある。

「選択肢」
  (a)  (b)   (c)      (d)
1、地衡風 対流圏 プラネタリー波 下降流
2、地衡風 中間圏 プラネタリー波 上昇流
3、地衡風 対流圏 重力波     上昇流
4、傾度風 中間圏 重力波    下降流
5、傾度風 対流圏 山岳波    上昇流

x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x
x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x
x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x=x
「解答」

 1
メカニズムが分かっていれば難しい問題ではありません。
極夜渦っていうのは地衡風の抵抗でできた低気圧のことです。そもそもそいうのが形成されています。
対流圏の大きな蛇行によってプラネタリー波が増大し成層圏に伝播することがあります。
伝播するのは冬だけです。経度側の暖かい空気が極側に移動してきた空気が上下に発散します。
その分の下向きの部分が下降気流になるということです。

いかがでしたでしょうか。
eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」は、
・天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
・先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
まず、ご登録していただき、無料講座をご覧ください。

講座サンプル


てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座

気象予報士講師としても、気象庁や大手企業での予測業務でも活躍中の気象予報士、佐々木恭子先生による合格対策講座です。

国家資格の気象予報士試験は合格率5%という難関の資格です。一方気象予報はとっても身近な存在であり、誰もが気象に興味があれば学んでも楽しい分野です。

キバンインターナショナルのクロマキーシステムを駆使した映像は、気象画像を多く使用する当講座にはベストマッチです。佐々木先生の講義も個性あふれていて楽しい講座です。 講座は分かりやすくするため、なるだけ専門用語を使っていません。

普通のテキストでは図解されていないようなところにもふんだんに図解を盛り込んでいます。

「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia