ニュース&トピックス

JPCZ(日本海寒帯気団収束帯)【気象予報士試験の用語チェック】

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

今年は、最強寒波とういう言葉をよく気がします。天気予報でも聞かれるようになったJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)が本日の用語チェックです。簡単に確認しておきましょう。

てんコロ。気象予報士講座第16章 総観気象、メソスケール気象 -> 降雪(大雪)より。

平野部に大雪をもたらす里雪型の時は、特に「JPCZ」に伴う活発な対流雲列が発生することが多く、
その先端部が到達した地域にはしばしば大雪がもたらされます。

JPCZ とは、
日本海寒帯気団収束帯のことです。
季節風が大陸の白頭山によって分流し、日本海で再び合流することで形成されます。ひときわ強く、
活発な対流雲が帯状をなします。
また、JPCZ上には小低気圧(メソスケールの渦状擾乱)が発生することがあり、これが陸地に上陸すると、
局地的な大雪、突風、雷など激しい現象が発生する可能性があります

天気図だけでなく雲画像をチェックすると理解が深まるそうです。
いかがでしたでしょうか。
eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」は、
・天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
・先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
まず、ご登録していただき、無料講座をご覧ください。

講座サンプル


てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座

気象予報士講師としても、気象庁や大手企業での予測業務でも活躍中の気象予報士、佐々木恭子先生による合格対策講座です。

国家資格の気象予報士試験は合格率5%という難関の資格です。一方気象予報はとっても身近な存在であり、誰もが気象に興味があれば学んでも楽しい分野です。

キバンインターナショナルのクロマキーシステムを駆使した映像は、気象画像を多く使用する当講座にはベストマッチです。佐々木先生の講義も個性あふれていて楽しい講座です。 講座は分かりやすくするため、なるだけ専門用語を使っていません。

普通のテキストでは図解されていないようなところにもふんだんに図解を盛り込んでいます。

「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia