ニュース&トピックス

南岸低気圧 【気象予報士試験の用語チェック】

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

本日の用語チェックは、太平洋側に降雪をもたらす「南岸低気圧」です。てんコロ。気象予報士講座 第16章総合気象、メソスケール気象からです。

南岸低気圧とは、台湾や東シナ海方面、または九州、四国沖などで発生した低気圧が、日本の南岸を進む気圧配置型のことです。
1月~3月頃、特に季節が冬から春に変わって行く頃に現れやすい形で、太平洋側の平地に大雪をもたらすことで有名です。

冬季の南岸低気圧による降水の雨雪判別は、とても難しいです。関東以西の平野部で、寒候期の南岸低気圧による降水が雨か雪か判断するのは難しい、その理由はいくつかあります。

一つは、真冬であっても関東以西の平野部の地上気温は0℃に達していないことが多いということです。

二つ目は、雲底下の寒気の入り方によって、雨になる時と雪になる時があるということです。
低気圧のコース、発達度合いによっては、雲の高さ・厚さが違いますから雲底高度によって、融けてしまうか融けきらずに雪で降ってくるか違いますね。

さらに、湿度によっても違います。例えば、同じ気温の2地点で、一方では湿度が高く、一方では湿度が低い場合、湿度が高い方は雨なのに湿度が低い方は雪になることがあります。

とにかく、雨雪判別は一つの条件だけ見てても判断することはできず、複数の条件を考慮しなければならないのです。

雨雪判別に一番よく利用する天気図が 850hPa の天気図です。850hPa は下層の代表です。

いかがでしたでしょうか。
eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」は、
・天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
・先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
まず、ご登録していただき、無料講座をご覧ください。

講座サンプル


てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座

気象予報士講師としても、気象庁や大手企業での予測業務でも活躍中の気象予報士、佐々木恭子先生による合格対策講座です。

国家資格の気象予報士試験は合格率5%という難関の資格です。一方気象予報はとっても身近な存在であり、誰もが気象に興味があれば学んでも楽しい分野です。

キバンインターナショナルのクロマキーシステムを駆使した映像は、気象画像を多く使用する当講座にはベストマッチです。佐々木先生の講義も個性あふれていて楽しい講座です。 講座は分かりやすくするため、なるだけ専門用語を使っていません。

普通のテキストでは図解されていないようなところにもふんだんに図解を盛り込んでいます。

「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia