ニュース&トピックス

山雪型 【気象予報士試験の用語チェック】

てんコロ。気象予報士講座

てんコロ。気象予報士講座

本日の用語チェックは、「山雪型」です。てんコロ。気象予報士講座 第16章総合気象、メソスケール気象からです。

山雪型は、季節風の吹き出しが強まって日本海を吹き渡り始めると、暖かい海水面上で下から暖められ(顕熱の補給)、水蒸気を補給され(潜熱の補給)、その気流が脊梁山脈にぶつかって、主に山岳部に大雪をもたらします。
太平洋側には水分が減った乾いた風が吹き下りてきます。

いわゆる「冬型」の天気図は「山雪型」で、キレイな筋状の雲を形成します。衛星画像を見て分かるように、
季節風は太平洋側の地域では空っ風となり晴れ間をもたらしています。

しかし、海上に出ると再び積雲が再発達し始めて、太平洋側の海上にも筋状の雲ができているのが分かります。
また、北西風が通り抜けやすい所も分かります。
例えば、関東の平野部では冬型ではほとんど雪は降りませんが、
名古屋付近は敦賀湾を抜けて関ヶ原を通り抜けて雪雲が進入することができるため、冬型でも雪が降るのです。

筋状の雲があるときは、雲画像をみて、どこに流れているのかをみるといいですね。

いかがでしたでしょうか。
eラーニング「佐々木恭子先生の気象予報士講座」は、
・天気の知識一つ一つにこうやって考えるんだよというメッセージがあって、イメージしやすい。
・先生の明るいキャラクターも加わり、楽しいという気持ちで勉強できる内容となっています。
まず、ご登録していただき、無料講座をご覧ください。

講座サンプル


てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座

気象予報士講師としても、気象庁や大手企業での予測業務でも活躍中の気象予報士、佐々木恭子先生による合格対策講座です。

国家資格の気象予報士試験は合格率5%という難関の資格です。一方気象予報はとっても身近な存在であり、誰もが気象に興味があれば学んでも楽しい分野です。

キバンインターナショナルのクロマキーシステムを駆使した映像は、気象画像を多く使用する当講座にはベストマッチです。佐々木先生の講義も個性あふれていて楽しい講座です。 講座は分かりやすくするため、なるだけ専門用語を使っていません。

普通のテキストでは図解されていないようなところにもふんだんに図解を盛り込んでいます。

「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia