ニュース&トピックス

合否を分ける!? モチベーションアップ方法

気象予報士試験の勉強時間は、数年にわたることが普通です。半年に一度の試験を受けながら、
どのように、士気を下げることなく勉強を継続して、皆さんは合格していったのでしょうか。
ラジオっぽいTV!にご出演された方の合格体験談を元にまとめてみました。

●大変だったときは、24時間の雲画像をみる。
一年間の空画像を何分間かに縮めた画像を眺めてうっとりする。

本を読むのが好きだった。特に武田喬男 著「雨の科学」が好きだった。
天気に関する本を読むことで、勉強を楽しく進めていくことができた。

●手作りボックス(温帯低気圧ボックス)を作った。そうすることで立体で確認できる上に、
作っている時点で理解できているし、楽しい。

偉人の言葉を読んで、自分を励ました。

●テンションを上がるノートづくりとして、理解度によって顔文字を記していった。

未来日記をつけて、合格時のイメージをふくらます。

●5%という合格率に関しての考え方。20人に1人しか受からない、そしてそれは20人のうちの一番頭のいい人、気象のことがわかっている人が受かる、と思うと絶対無理と思ってしまうので、20人のうち一番勉強した人が受かる、と思うようにして、今日ももうちょっと勉強しなくてはと自然に思えるようにした。

いかがでしたでしょうか。皆さん、色々工夫していらっしゃいますね。佐々木先生のラジオっぽいTV!も毎日更新されますので、エネルギー補充になります。

講座サンプル


てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座

気象予報士講師としても、気象庁や大手企業での予測業務でも活躍中の気象予報士、佐々木恭子先生による合格対策講座です。

国家資格の気象予報士試験は合格率5%という難関の資格です。一方気象予報はとっても身近な存在であり、誰もが気象に興味があれば学んでも楽しい分野です。

キバンインターナショナルのクロマキーシステムを駆使した映像は、気象画像を多く使用する当講座にはベストマッチです。佐々木先生の講義も個性あふれていて楽しい講座です。 講座は分かりやすくするため、なるだけ専門用語を使っていません。

普通のテキストでは図解されていないようなところにもふんだんに図解を盛り込んでいます。

「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:takeuchia