ニュース&トピックス

【読むeラーニング】第3章 大気の熱力学2 〜その7〜「湿潤断熱減率」

気象予報士講座 「第3章大気の熱力学2 〜湿潤断熱減率」より

気象予報士講座 「第3章大気の熱力学2 〜湿潤断熱減率」より

(第3章 大気の熱力学2 〜その6〜「湿潤断熱減率」の続き

「飽和に達したところから、湿潤断熱減率に沿ってまた上昇させていく。その上昇させていく際に、水分を全部落っことしながら上昇させていくと、いう風に考えます。それで空っぽになったところをB点という風にします。その空っぽになったB点から、乾燥断熱変化させて、1000hPaで持ってきた時の温度、それがCですけれども、それが相当温位ということになります。じゃ仮にですね、この空気塊がもし今説明したものよりも水蒸気量が多い、凄く湿ってる空気塊だったらどうなるかというと、まずこの空気塊上昇します。乾燥断熱変化していきますけれども、先ほどの水色の乾燥断熱線よりも緑の乾燥断熱線の方が短いですよね。」
要するにすぐ飽和に達しちゃうっていうことなんです。それがA’だとします。でA’で飽和に達するということで、そこから先は湿潤断熱変化するんですけれども、今度は逆にですね、水蒸気が多いので、水分が多いですから、凝結した分の水分を落としながら上昇したとしても、なかなか空っぽにならない。だからこの湿潤断熱変化する量が多いんですね。道中が長い。それで、やっとB’で空っぽになりました。空っぽになったところから乾燥断熱変化させて、1000hPaまで持ってくると、いうことで、C’が相当温位ということになる訳なんですね。」
「つまり、相当温位が高いということはですね、非常に高温で湿っている、水蒸気量が多いということにもなる訳なんですね。でよく梅雨の時期にですね、「なんかじめじめするな。」っていう空気、ありますね。あれは高温で非常に湿っている空気と、いうことになりますけれども、大体あの空気、330ケルビンぐらい、という風に目安としてあります。あともう一つ重要なことは、相当温位っていうのは、その空気塊が持っている水蒸気の潜熱まで加味してます。ですので、常に温位よりも高い値になる訳です。」

第3章 大気の熱力学2 〜その8〜「相変化・大気中の水分」へ続きます。

講座サンプル


てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座

気象予報士講師としても、気象庁や大手企業での予測業務でも活躍中の気象予報士、佐々木恭子先生による合格対策講座です。

国家資格の気象予報士試験は合格率5%という難関の資格です。一方気象予報はとっても身近な存在であり、誰もが気象に興味があれば学んでも楽しい分野です。

キバンインターナショナルのクロマキーシステムを駆使した映像は、気象画像を多く使用する当講座にはベストマッチです。佐々木先生の講義も個性あふれていて楽しい講座です。 講座は分かりやすくするため、なるだけ専門用語を使っていません。

普通のテキストでは図解されていないようなところにもふんだんに図解を盛り込んでいます。

「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:kobayashis