ニュース&トピックス

【読むeラーニング】第3章大気の熱力学2〜その39〜「飽和相当温位」

気象予報士講座はこちらをクリック

気象予報士講座はこちらをクリック

第3章 大気の熱力学2〜その38〜・「飽和相当温位」の続き)

線が交わるところ、ここで空気塊は浮力を得て、上昇流、周りの力が無くても自分の力で自分の浮力で上昇することができる、所謂ここが自由対流高度になる訳なんですね。なら、なんか同じですよね、温度のエマグラムと。この様にですね、温度の状態曲線とほぼ同じように考えることができると、いうことなんです。だからね、飽和相当温位って急に出てきたりすると、「おやっ!これはなんなの!」っていうことになりますけれども、悪魔でも大気の状態を把握するものと。露点温度みたいなね、雑に言うと露点温度みたいな扱いできるんだなっていう風なところで覚えといて貰うといいかもしれないです。」

「例えばこんな問題が出ました。これね、39回の気象予報士試験で専門分野で出たやつなんですよ。専門分野で出た問題なんですけれども、飽和相当温位、出てきました。これはですね、温位エマグラムが出たんですね、なので横軸に温位、縦軸に気圧っていうのが表れています。でここにプロットされている線ですけれども、書いてある通り、実線が温位です。で波線になってるのが相当温位で、点線は飽和相当温位ですよと。この大気の状態、それぞれあ、い、う、えの大気の状態がありましたと。で実際の問題はですね、ここ文章が出てるんですよ。こんな大気気象現象がありました、雪が降ってましたとかね。梅雨前線の近くで大雨が降ってましたみたいな文章があって、それがどの温位エマグラムか選ぶっていうね。難しい問題です。なので今は例えばこういう問題で、出てくるような、飽和相当温位、相当温位、温位エマグラムっていうのが、どういう意味かっていうのをどういう風に把握できるか、大気の状態が把握できるかっていうのを、ちょっと見ていこうと、覚えて、少しね頭の隅っこに置いといてぐらいでいいと思います。でまず「あ」ですけれども、特徴的なのはですね、温位も相当温位も飽和相当温位も全部接近していますね、近いです。キュって近くてしかも全部こう低い方にありますよね。温位が凄く低い方にある。」

第3章 大気の熱力学2〜その40〜・「飽和相当温位」へ続きます。)

講座サンプル


てんコロ.の気象予報士講座 大好評発売中!

てんコロ.の気象予報士講座

気象予報士講師としても、気象庁や大手企業での予測業務でも活躍中の気象予報士、佐々木恭子先生による合格対策講座です。

国家資格の気象予報士試験は合格率5%という難関の資格です。一方気象予報はとっても身近な存在であり、誰もが気象に興味があれば学んでも楽しい分野です。

キバンインターナショナルのクロマキーシステムを駆使した映像は、気象画像を多く使用する当講座にはベストマッチです。佐々木先生の講義も個性あふれていて楽しい講座です。 講座は分かりやすくするため、なるだけ専門用語を使っていません。

普通のテキストでは図解されていないようなところにもふんだんに図解を盛り込んでいます。

「文系だから」「合格率悪いから」「物理避けてきました」。そんな初学者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。eラーニングにも関わらずリラックスできる雰囲気が特徴です。

講座の詳細、無料体験、ご購入は下記をご覧ください。 http://tenki.elearning.co.jp/?page_id=15

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:kobayashis